他社との差別化で付加価値を生むブランディング戦略

我が国にも世界中をまたにかけて事業を展開する企業が増えましたが、リーマンショックやその後の国内経済の低迷あるいは金融、為替市場における不利な競争を強いられてグローバル市場から追い出される企業も目立つ時代となっています。しかしながら、これからのグローバル企業は激しい国際競争の中で短期的には浮き沈みしながらも中長期的に成長を遂げていくのが宿命だと思うのです。そのためにも、どんな商品やサービスでも順風満帆で売れ続けるわけでなく、消費者の厳しい選択に遭うことを当然視し、経営者のリーダーシップのもとで全従業員が目指す方向へ柔軟に修正するエネルギーが必要です。具体的には競合他社との差別化を意識したロゴマーク、キャラクターあるいは宣伝広告等のブランドが消費者の認知度やイメージアップとなって企業にリターンをもたらすことを期待するブランディング戦略が必要なのです。ネーミングが違っていても商品自体は他社品と機能や品質に差がなくなりつつある時代ですが、ブランドイメージの差で価格が高くても消費者が他社品より優先して買ってくれるのです。

ブランディング戦略に欠かせないデザインロゴ

一言でブランディング戦略といっても、その目的や手法は時と場合によって様々ですが、一つのブランドがターゲットの心をつかみ、企業の戦略通りの成果を生み出すために、「デザインロゴ」は決して欠かすことのできない存在です。デザインロゴは、いわゆるブランドの顔であり、一見ただの文字や形の集合体でしか見えないかもしれませんが、その重要性は極めて高いと考えられています。例えばデザインロゴの色やフォントをとってみても、ターゲット層の心を一瞬で掴むものでなければ、ブランディング戦略は決して成功しません。どんなに緻密に計算された販売戦略を兼ね備えていたとしても、ブランドの顔であるデザインロゴがターゲットと不一致であれば、それは全て水の泡となってしまうことさえあり得るのです。このように、ブランディング戦略を成功させるためには、ターゲット層に響くデザインロゴを製作することが欠かせないのです。

ブランディング戦略がこれからの鍵です。

企業で経営戦略と言えば、営業戦略や広告などが考えられますがそれはどこの企業でもしていることでもちろん大々的に取り上げでは取り上げるほどの収入が入ると思われます。しかし大企業ならともかく中小企業で零細企業にとっては広告などに莫大な資金をかけることができません。また同じようなライバル会社があらわれた場合でも対抗できるほど体力がないのも事実です。そこで注目すべき点がブランディング戦略です。企業の商品をアピールしていくよりも、その商品はその会社しかダメだと顧客や消費者に思われるような企業の価値自体を上げていくことに焦点を置いて戦略を練っていくことです。最近このブランディング戦略を企業の中に取り入れるところが徐々に増え始めています。今の時代はまさにブランディング戦略を生かしきれるところが勝ちのこれると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*