街のお店でもブランディング戦略は必要?

今の時代、自社の製品あるいはサービスのブランド向上は必須項目になっています。インターネット、ニュース、雑誌などで情報が氾濫しているため、消費者は多くの商品の情報を取捨選択できなくなり、結果、知名度があり、安心で信頼できる商品・サービスを選択するといった調査もあります。たとえるならば、定食屋で新しい商品が次々でても、冒険せずいつもと同じ生姜焼き定食を頼んでしまうといった感じでしょうか。しかし、こういったブランディング戦略は大企業がやるもので、商店街の小さなお店では関係ないと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。規模は違えど規模の大小関係なくブランディング戦略は必要です。身近なところで言えば、サービスを向上させることで、地道ながらも自身の店の看板に安心感と信頼感が生まれます。これも立派なブランディング戦略のひとつと言えるでしょう。

ソーシャルメディアを活用したブランディング戦略

ここ2~3年でしょうか。ソーシャルメディアを活用したブランディング戦略が言われ始めたのは。個人ブログを活用した戦略はありましたが、個々最近はTwitterやFacebookを活用した自社ブランドの向上施策が増えました。Facebookの「いいね」やTwitterのリプライからの反応率(エンゲージメント率)を増やすことで、自社ブランドのファンをさらに好きにもらってもらうようにするブランディング戦略などが有名です。ソーシャルメディアの発達により、今までは受け手に過ぎなかった一般消費者も情報を手軽に発信できるようになりました。そして消費者の声を商品購入の動機とする人々も増え、購入動機としては既存のマスメディアに迫る勢いです。なぜならば、ソーシャルメディアで発信する人たちは、自分たちと同じ消費者だからです。そのため同じ目線で語ることができるため、信頼できると判断されるようになりました。このように起業のブランディング戦略にソーシャルメディアは切っても切れないものに今ではなっています。

ブランディング戦略について

ブランディング戦略について今回は書かせていただきたいと思います。私はまえに企業の企画部に勤めておりましたので、ブランディング戦略についての会議なんかもありましたね。元々大企業だったので企業のネーミングでのブランド力はあるにはあったんですけども、その個々の製品についてもう少し認知されるようにしていかなくてはいけないなという事で。コマーシャルなどはテレビやらラジオやらではやっていましたけどね。他の企業との差別化といいますか、これはここの企業のものだろうと、ユーザーの人がパッとわかるようにどうにかできないかなどと言う事で話し合いがなされていましたね。どこの企業でもそうだと思うんですけども、ライバル企業といかにして戦うか、いかに自社のアイテムを選んでもらえるか、ということに売り上げなどもかかって来ますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*