高いシェアを獲得するためのブランディング戦略

日本では企業の競争環境が厳しくなっているため、業界でのシェアが1位ないし2位でないと生き残れない時代になってきます。業界において、高いシェアを獲得するにはブランディング戦略が重要な施策の一つとなります。企業のブランディング戦略としては、まず、自分だちがどのような商品やサービスを提供しているのかを明確に示したキャッチフレーズが必要となります。このキャッチフレーズを広告の際に表示することで、消費者に企業のイメージを強く印象付けることが可能になってきます。次に自分たちの提供する商品やサービスのターゲットとなる客層を絞ることが大事です。客層を絞ることによって、その人たちに向けた広告宣伝を打つことができ、コアなファンを獲得することが可能になります。広告宣伝においてはテレビCMが重要となっており、独自のキャラクターを使用するとより効果的となっています。

ブランディング戦略では社会的貢献活動が重要に

企業におけるブランディング戦略では、今まで以上に社会的貢献活動というのが重要度を増しています。現代は社会にとって必要な会社であることを示すことで、多くの消費者から認めてもらえる状況が生まれています。社会的貢献活動においては、エコや環境対策を行うことが挙げられます。大手のアパレル企業では、販売した服で着なくなった物を店頭で無料回収しているところがあります。服を無料回収することで、衣類のごみが減り、エコに繋がってきます。また、アパレル企業で回収した衣服をアフリカやバングラディッシュなどの発展途上国に無料で届ける活動を行っています。その結果、発展途上国の支援を積極的に行っている企業だというイメージが広がることになります。社会貢献に力を入れている企業だと消費者が感じると、企業のブランド価値は自然と上がるような時代になっています。

ブランディング戦略を考えましょう

ブランディング戦略と呼ばれる物があるのですけれども、色々な物があります。例えばマスターブランドと切り離して、個別ブランドで展開していく戦略があります。これが、個別ブランド戦略と呼ばれるブランディング戦略なのです。まずマスターブランドなのですけれおdも、これは、企業が持っているブランドがありますよね。その中でも上位の中にある親ブランドの事なのです。マスターブランドの名前でブランドの展開をして行くのがマスターブランド戦略と呼ばれる物なのです。そのマスターブランドとは違う戦略もあるのです。それが個別ブランド戦略です。このメリットを考えた場合には、マスターブランドとは関連性はほぼ無いと言っても良いかもしれません。独自のターゲットに対してブランド展開を集中的にする事が出来るのが大きなメリットと言えるかもしれません。こういった戦略もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*